禁煙に関する情報サイトです、あなたに合った禁煙方法探しや禁煙成功に是非お役立てください!

禁煙リンク集イメージ
禁煙豆知識〜子どもへの影響〜

●子どもへの影響

今はタバコを吸っているけれど、妊娠したらタバコをやめようと思っている女性、要注意です。

意志の力だけでタバコをやめられればいいのですが、ニコチン依存の度合いによって、
禁煙は困難になります。妊娠後の禁煙は、きちんとした医師指導の下での禁煙をおすすめします。
また禁煙治療に使用される薬などは、ニコチンを含むため、妊娠中は使用できませんので、念のため。

妊娠中の喫煙は、妊婦だけでなく、
おなかの赤ちゃんに取り返しのつかない深刻なダメージを与えかねません。

胎盤がはがれてしまう胎盤早期剥離を招いたり、
喫煙によって起こる酸欠のために、胎盤が広がり子宮口をおおってしまう前置胎盤や、
タバコの煙の活性酸素によって卵膜が破れる前期破水などの妊娠合併症を発生させ、
最悪の場合赤ちゃんや妊産婦の死亡を引き起こす可能性があります。

また妊娠中に喫煙すると、赤ちゃんが低出生体重児(未熟児)で産まれる可能性が増えるそうです。
喫煙しない母親から生まれた低出生体重児よりも、喫煙する母親から生まれた低出生体重児のほうが、
乳幼児突然死症候群(SIDS)などといった重い病気にかかる可能性が高いといわれています。

また、赤ちゃんに母乳を与えている母親が喫煙したり、受動喫煙にさらされたりすると、
母乳にタバコの煙に含まれる発がん性物質を含む有害物質が分泌され、
またその有害物質は母乳中では濃縮されて血液中の濃度より高くなるそうです。

赤ちゃんイメージ このような有害物質を含んだ母乳を飲んだ乳児が、
吸殻から染み出したニコチンなどの有害成分を含んだ灰皿の水を飲んだ時のように
急性ニコチン中毒症の症状(嘔吐、下痢等)を引起こすこともある、とのことです。

子どもの喫煙や受動喫煙は、タバコの煙の健康影響が大人よりもはるかに大きく現れると言われています。

発育途上にある子どもの身体はタバコの煙に含まれる有害物質によって
多岐にわたる重大なダメージを負うと言われています。
とくに喘息への影響は大きく、
喫煙や受動喫煙によって、深刻な症状を招く事が知られています。

子どもの頃から早期に喫煙をはじめると、重いニコチン依存症に陥りやすく、
ヘビースモーカーになりやすくなり、タバコをやめることが困難になるばかりか、
たとえ喫煙量が同じであっても成人後にはじめた喫煙よりも、
がんや心筋梗塞の深刻なリスクを生む、と言われています。



禁煙ワードへ


メインメニュー
HOME | はじめに |禁煙とは? | 喫煙と病気 | 喫煙と美容 | 子どもへの影響 | 禁煙ワード | 禁煙グッズ | 関係資料リンク

文太の禁煙放談
禁煙のきっかけ禁煙開始禁煙もしくは断煙ワタクシ的禁煙グッズ禁煙効果禁煙の山場禁煙と卒煙
タバコっておいしいの?続・タバコっておいしいの?タバコ吸っていいですかタバコの不始末タバコの煙が目にしみる
ニコチン依存タバコ誤飲事故ニコチン切れ効果的な禁煙方法ちょっといっぷく喫煙癖禁煙はツライ?
ニコチンウォータータバコとβカロチンタバコと頭髪タバコの相方タバコとEDタバコの値段

禁煙からはじまるリンクツアー
禁煙リンク | 健康関連リンク | 健康関連リンク2 | 健康関連リンク3 | ストレス対策関連リンク | 食関連リンク| ダイエット関連リンク | 運動リンク | 健康と美容リンク | 健康と美容リンク2 | ヘアケアリンク | リラクゼーションリンク |趣味と役立つリンク | 趣味と役立つリンク2 | 生活役立ちリンク | 生活役立ちリンク2 | 生活役立ちリンク3 | 生活役立ちリンク4 | 生活役立ちリンク5 | 検索エンジンリンク | 検索エンジンリンク2 | 検索エンジンリンク3
リンクについて | 管理人 | プライバシーポリシー

Copyright©禁煙サイト“ NO SMOKING ”2006-2011 All Rights Reserved.